kamen no challenge

「堅」「監」「覽」が混ざったので詳しく調べてみた-後編「覽」

Posted: || Last Update:

1605970800

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

「堅」「監」「覽」が混ざる!

こんにちは、亀の歩みでのろのろ勉強中「亀の子」です。漢検1級を目指す100日チャレンジ、17日目になりました。

難しい漢字を覚えると、簡単な漢字が書けなくなるのは、亀の子だけでしょうか。先日は「暗い」という字の左側が口なのか日なのか分からなくて呆然としました…。

そんな漢検勉強の日々を送っているうちに「堅」「監」「覽」がつく漢字が混ざってしまって困ったので、詳しく調べてご紹介する3日目。本日は「覽」についてです。「堅」「監」は昨日と一昨日のブログをご参照ください。

「覽」は「監」に「見」をつけただけだった!

「一覧」などで使われる漢字にちょっとだけ部品を足した「覽」。よく見てみてください、右側の「仁」に似た下に「罒」が付いています。「覧」と「覽」は実は同じ字なのですが、漢検1級に出てくる漢字には、画数が多い方を部品として使う字がたまに出てきます。

で、「覽」について詳しく調べてみると、「監」に「見」で、下の者歩上から見回すこととありました。…えっ?昨日のブログで書いた「監」に「見」をつけただけ!どうやって覚え分けろと!?

…一個ずつ地道に覚えるしかないのか…。気落ちしつつ漢和辞典で調べると、「攬」「欖」「纜」の3文字しかない!気合で覚えられそうな数です!やった!

「覽」の付く漢字を覚えよう!

「覽」のつく漢字3つ、「攬」「欖」「纜」。このブログを書きつつ覚えたいです!

収攬(しゅうらん)の「攬」

手に覽がついた「攬」は、集めて手に持つ、とり集める、という意味があります。「収攬(しゅうらん)」や「攬筆(らんぴつ)」という熟語で使われます。また、請け負うという意味もあり、こちらは「抱攬(ほうらん)」「承攬(しょうらん)」などの熟語で使われます。

よし、まずは1つ目、覚えた!

なお、この漢字は別途特集をしているので、ぜひ参考にしてみてください。

橄欖(かんらん)の「欖」

木に覽がついた「欖」は、「橄欖(かんらん)」という木の名前で使われます。見は密漬けや塩漬けにして食べるらしいです!食べてみたい!オリーブのことも「橄欖(かんらん)」というらしいですね。「橄欖(かんらん)石」というものもあって、緑色できれいです。

Google画像検索で橄欖の実や橄欖石が見られます。2つ目は食い意地で覚えた!

「纜(ともづな)」

糸に覽がついた「纜」は、ともづなや、舟をつなぎとめることを指す漢字だそうです。「収纜(しゅうらん)」はともづなを巻きとって出航することを言うのだとか。

Google検索すると、文学には「纜(ともづな)」という読み方で出てくるらしいので、読み問題対策としても覚えました!3つ目も覚えました!

今日の勉強の成果

今日すすめたページには、以前に勉強した漢字がたくさん出てきました。初めて見る熟語なのに読めたり書けたりして、なんだか自信がつきました!ここからもう一山あるのかもしれませんが、基礎的な漢字は一巡したのかも?なんて希望を抱いています。

今日の感想

  • 後回しにしていた国字に挑戦中。なんだか綺麗な漢字が多くてワクワクする
  • 相変わらず横棒の数に惑わされる漢字に悪戦苦闘中
  • 一日目に勉強した漢字を忘れていた。ゆゆしき事態だ。復習にももっと力を入れたい

今日もあと一時間ほど勉強したいと思います!ではまた明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告