kamen no challenge

漢検1級、問題集1冊で何点取れるか検証してみた

Posted: || Last Update:

1608908400

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

チャレンジ折り返しになりました

こんにちは「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ51日目です。今日も亀の歩みで勉強しています!

今回のチャレンジ内容を改めてご説明しますと、2020年11月6日から100日間の勉強で、2020年2月14日実施の漢検1級試験への合格を目指しています。

勉強は王道から、ということで「2020年度版 頻出度順 漢字検定1級 合格!問題集」に取り組んできたのですが…、難しい!1冊きっちり覚え込むのに50日かけてしまいました…。昨日やっと「問題集に出て来た漢字なら全問回答できる!」と思えるレベルになったところです。

期間中は毎日学んだことをブログに書き留めています。漢字の豆知識などもあるのでよければ読んでやってください。

漢検1級問題集1冊で何点取れる?

さて、問題集一冊きっちり勉強したので、現時点での実力を今日は測ってみました。今回挑戦した過去問は2019年第1回の試験。勉強1日目にも勉強をしない状態で何点採れるかを、同じ過去問で検証していました。

この日のために復習をせずに放置していた過去問!ちなみに1日目の点数は200点中14点でした。

今回の点数は…200点中107点

悪くはない…。問題集に出て来た漢字はほぼ正解できました。4点も落としたけど…。悔いはない…。4点も落としたけど…。

悔いはないけれど、合格ラインは80%、200点中160点なので、全く届いていませんね。リラックスした環境で回答していることを加味すると、必要な点数にはまっっっったく届いていませんね!!!!

問題集の強み・弱み(項目ごとの正答率に基づいた分析)

今回分野ごとの点数にばらつきがあったので、各分野の正答率なども出してみました。問題集で何が学べるかの参考にもなると思います。

実際の得点率

まずは実際の得点分布から。

分野 点数(得点/満点) 正答率
読み 12/30 40%
書き取り 32/40 80%
語選択 書き取り 2/10 20%
四字熟語 書き取り 12/20 60%
四字熟語 意味と読み 6/10 60%
熟語訓・当て字 6/10 60%
熟語の読み 一字訓読み 2/10 20%
対義語・類義語 6/20 30%
故事・諺 6/20 30%
文章題 書き取り 16/20 80%
文章題 読み 7/10 70%
トータル 107/200 53.5%

問題集の強み・弱み

今回問題集を1冊がっつりと勉強して過去問に挑みました。勉強の結果がダイレクトに点数に出ています。

▼△▼亀の子が利用した問題集の最新版はこちら

問題集の強みは「書き取り」問題

大問2の「書き取り」は8割正解できました。この分野はまんべんなくカバーできていて優秀です。「四字熟語」「熟語訓・当て字」も、問題集を押さえれば6割は正解できることが分かります。

文章題の得点が高いのは、以前に読んだことがある文章から出題されていたためです。それを加味しても、問題集でカバーされている漢字が多かったように思います。初回の計8点から、今回計23点に上がっています。

「語選択 書き取り」「熟語の読み 一字訓読み」は網羅されていない

逆に弱いのが「語選択 書き取り」「熟語の読み 一字訓読み」でしょうか。問題集をしっかりと隅から隅まで覚えたつもりでしたが、力及ばす、2割しか回答できていません。「亀の子」の苦手分野であることも考えられますが、回答を見てもぴんと来なかったので、問題集でカバーされていない可能性が高いです。

「対義語・類義語」「故事・諺」も正答率3割。問題集のカバー率が高いとは言えません(※「対義語・類義語」は「亀の子」の努力不足で1問落としています)。範囲が広い分野なので、問題集以外からの勉強は必須でしょう。

「読み」は個人的に残念…

個人的にがったりしたのが「読み」の分野でした。問題集にそもそも出なかった漢字がたくさんありました。30問中12問しか正解できていません。「回答できてもよかったかな」と思うものが他に2問。もう少しカバー率が高いと思っていただけに残念でした。

問題集に取り組む価値はある

というわけで、問題集の強みは「書き取り」、弱みは「語選択 書き取り」と「熟語の読み 一字訓読み」。他はまずまずのカバー率です。一冊きっちり、出題に出てくる漢字まで全てさらって勉強した甲斐はあったと思います。

問題集1冊を終えた後の勉強法

さて、今回の力試しの結果を踏まえたうえで、今後の勉強の方針です。

問題集2冊で基本をさらに強化

まずは基本の問題集!今回、「頻出度順」という問題集を終えました。「精選演習」という問題集も購入済みです。内容を少し見たところ、共通する問題が圧倒的に多いものの、異なる問題も出ていました。今後はこの2冊を基本の勉強として、漏れがないように毎日やっていきたいと思います。基本なので、ここはサクサク進むでしょう。

「頻出度順」と「精選演習」の最新刊はこちら。

メインの勉強はネットを駆使

そしてメインの勉強。spaceplusKKさんが運営されている「漢検1級模擬試験倉庫」や、はぐんさんの「漢字逞筆」を使って、問題形式に慣れつつ、一つ上の知識を強化していく予定です。

その他の勉強

さらに!隙間時間には、Androidのアプリ「漢検1級」で四字熟語や当て字などを蓄えていきたいと考えています。いろいろアプリを試しましたが、「亀の子」はこのアプリが一番問題数も多く使いやすいと感じました。

最後に、もちろん忘れていません。過去問!(1430円もするのに3回分しか収録されていない過去問…!)過去問もタイミングを見計らって、一切の漏れがないようにきっちりと勉強します。

△▼▽過去問の最新版はこちら

やることがいっぱい!楽しいですね!

今日の勉強の成果

今日の勉強の成果。既に上記に書いてしまいましたが、今日は過去問に取り組み、今後の勉強計画をざっくりと立てました。2冊目の問題集をパラパラとめくりつつ、四字熟語も本格的な書き練習を少し始めています。

107点で頭を抱えましたが、考えてみたらまだ49日も残ってるんです!たくさん勉強できちゃいます!ここから何点上乗せできるか、楽しみです!

今日の感想

  • 107点は頭を抱えただけで、落ち込みはしない!
  • だが、しかし、4点も落とした事実に落ち込む…。問題集1冊も完璧にできないのか…
  • まっ、ここから頑張ればいいさぁ。49日もあるさぁ。

今日もあと一時間ほど勉強したいと思います!では、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告