kamen no challenge

「鰔」うぐい?かれい?たら?-漢検1級不思議漢字

Posted: || Last Update:

1607871600

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

漢検がふたご座流星群に負けた…

こんにちは!亀の歩みで這いつくばりつつ前進中「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ39日目です!

昨夜から今朝ふたご座流星群が見られたので、早朝から起きだして空を眺めておりました。スマホで漢字の勉強もしようと準備していたのですが、結局空ばかり眺めていました…。

そんな話はさておき、今日は昨日の続き。「喊」は大声を張り上げること、「緘」は黙り込むこと、という意味で熟語に使われていて、同じ「咸」が付くのにどうして?と調べ始めた「咸」シリーズ。今日は漢検1級漢字をカバーします!

昨日のおさらい

まずは「咸」という部品。「口」に「戌」(ほこを持つ)をあわせた漢字で、刃物で強いショックをくわえて口を封じることを表す、脅迫じみた漢字でした。口以外も封じることや、「ことごと・く」「みな」という意味もあります。

  • 「咸」に心で「感」。心を強く動かすこと
  • 「感」に心(りっしんべん)をつけて「憾」。「残念な感じが強いショックとして心に残る」こと
  • 「感」に手をつけて「撼」。強いショックを与えること
  • 封じる意味の「咸」に水をつけて「減」。水の流れを塞いで減らすこと、転じて減らすこと一般に使う
  • 「咸」に口をつけると、相手にショックを与えるくらい大声を出す「喊」になる
  • 「咸」に糸をつけると、中に入れてふさぐ意味の「緘」。「とじなわ」と読む

音読みは全て「カン」でした。詳細は昨日のブログをご確認ください。

「咸」のつく漢字後編

今日は「咸」のつく漢字の中でも、漢検1級に出てくる漢字です。漢検1級対象ですが、いつも見かけるあの字も入っています!

鹹水湖(かんすいこ)の「鹹」

塩(鹵)に、口をふさぐ「咸」を組み合わせると「鹹」という字になります。口に含んで味わう塩味のことを指しているそうです。訓読みは「カン」。「から・い」「しおから・い」という読み方もできます。

熟語としては「淡水湖」とセットで使われる「鹹水湖(かんすいこ)」などがあります。

轗軻不遇(かんかふぐう)の「轗」

車に「咸」をつけると「轗」という字になります。なんとこの字は形声文字。「咸」に意味はない!音だけ!なので、音読みはもちろん「カン」です。車がくぼみにつかえていき悩むことを表した漢字です。

漢検1級の勉強をはじめると初期段階で出てくる「轗軻不遇(かんかふぐう)」という四字熟語は、すぐれた才能を持ちながら世に受け入れられないことを言います。

鍼灸院(しんきゅういん)の「鍼」

強いショックを与える意味の「咸」に金を組み合わせると「鍼」という字になります。強い刺激を与える針を意味している漢字です。漢方医術で治療に用いる針のことを指します。

「鍼灸院(しんきゅういん)」などでおなじみの漢字ですね。音読みは「シン」。「はり」のほか「さ・す」という読み方もできる漢字です。

竹なのにイシバリ「箴」

とじあわせる意味の「咸」に竹を組み合わせると「箴」という字になります。ここの「咸」は「緘」にイメージが近いですね。「箴」は布をあわせて借りに止めておく竹針のことを意味します。また、漢方で用いる石ばりにもあてられる字です。

竹なのに石…。調べてみると、漢方の針はもとは石の破片で膿などを破るのに使われていたものが発展したもの。その過程で竹の針や鉄の針も作られるようになったそうです。特に竹の針を指すための漢字だった「箴」が、「いしばり」という汎用性の高い用語を当てられているのかな、と思いました。(※亀の子解釈です)

「箴」には、ちくりと人の心を刺して戒める言葉、という意味もあります。教訓となる言葉をあらわす「箴言(しんげん)」などの熟語が作れます。「箴」の音読みは「シン」。「いしばり」「はり」、「いましめ」「いまし・める」などの読み方もできます。

うぐい?かれい?たら?「鰔」

辞書に漢字の成り立ちの解説がなかった「鰔」。日本原産の国字だとか。魚に「咸」をつけた文字です。この字は「うぐい」と辞書の見出しには載っているのに「たら」「かれい」という意味を持っているややこしい漢字です。

そして、辞書には「うぐい」は地名、と書かれていますが、問題集には魚の名前として載っています!もうね、そういうものだと丸のみするしかない、不思議漢字です!

まとめ

「咸」のつく漢字は「カン」と読むことがほとんどでしたが、針を意味する「鍼」と「箴」のみ「シン」と言う読みなので覚えておきたいです!

今日の勉強の成果

問題集をひたすら見直ししていく作業を初めて2日目。頭から完全に消えている漢字や読みがあって悔しいです。早く次に進みたくてウズウズしますが、まずは問題集1冊完璧に仕上げたい!

今日の感想

  • 「鹹」と言えば「鹹草(あしたば)」で出て来た漢字。塩っ辛い気はしない…
  • ちなみにアシタバは日本原産!天ぷらにするとおいしい!
  • そういえば問題集に「とっさに役立つ1級用資料」がある。日常使いしているので今のところ「とっさ」には役立っていない

今日もあと1時間ほど勉強します!では、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告