kamen no challenge

漢検1級テキストにでてきた正体不明なモノの正体を暴いてみた

Posted: || Last Update:

1605193200

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

漢検の読み問題が難しくも楽しい

こんにちは、亀の歩みで成長中「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ8日目になりました。

8日間の勉強から、亀の子にとって漢検1級の鬼門は「漢字の読み」だと踏んでいます。「読み」と「熟字訓・当て字」という2つの分野ですね。他に「書き問題」や「四字熟語」「故事ことわざ」「類義語・対義語」といった分野があります。復習をするたびに、他の3倍の量で「漢字の読み」が「できなかった漢字リスト」に増えていく不思議…。

難しいのですが、ちょっと楽しい分野でもあります。というのも「当て字」には「なに、そんな単語聞いたことない!」というモノがしばしばお目見えすんるです。字面だけでは覚えられないので、検索をすると、ちょっと新しい世界が広がります。最初の2,3日こそ「うぬぬぬぬ」となっていましたが、最近では検索が楽しい!というわけで、今日は「漢検1級テキストにでてきた正体不明なモノ」の正体を暴いていきたいと思います!

正体不明なモノの正体を暴いてみた

ウィキペディアと、Google画像検索のリンクを貼りましたので、せび正体を詳しく見てみてください。

箙(えびら)

箙(えびら)。なんかおいしそう、と思ったのですが、食べ物ではありませんでした。矢を入れて携帯する容器のことを言うそうです。「やなぐい」とも言い、靫(うつぼ、ゆぎ)とも呼ばれるとか。

胡簶(やなぐい)

胡簶(やなぐい)。一つ前にご紹介した箙(えびら)と同じものです。『ロード・オブ・ザ・リング』でレゴラスがしょってたのも「えびら」とか「やなぐい」って呼んでいいかな?

袙(あこめ)

袙(あこめ)。肌着と表着の間に着る物だそうです。夏は裏地を剝いで着たり、冬は綿入れをしたりしていたらしいですね。昔の〇アリズムと〇ートテック?

花楸樹(ななかまど)

花楸樹(ななかまど)。お米ではないことは分かります。バラ科の背の高い木らしいです。北海道や東北地方では、街路樹にもなっているんですね!関東に生息している亀の子は、この木のことを知りませんでした。

胡頽子(ぐみ)

胡頽子(ぐみ)。「茱萸」とも書きます。こういう名前の木があることは知っていましたが、正体を知らなかったので検索してみました。赤い実がおいしそうです。お菓子のグミとは全く関係ないんだって!

虎耳草(ゆきのした)

虎耳草(ゆきのした)。雪の下、鴨脚草、鴨足草、金糸荷など、いろいろな書き方があります。葉っぱの模様が虎の耳に似ているので「虎耳草」と書くそうです。

皁莢(さいかち)

皁莢(さいかち)。皀莢とも書きます。マメ科の植物が樹齢数百年になるとは!びっくりです。油汚れに効く石鹸になるらしいけれど、〇ョイではありません。

鳶尾草(いちはつ)

鳶尾草(いちはつ)。一初、一八、とも書くアヤメ科の植物です。アヤメにもいろいろ種類があるんですね。アヤメの中でも一番初めに咲くので、「いちはつ」らしいです。

金縷梅(まんさく)

金縷梅(まんさく)。11月11日のブログで「金」から始まる3字のシリーズでもご紹介しました。春先に「まず咲く」から「まんさく」です。

今日の勉強の成果

8日目、これまでの勉強の復習がだんだんと比重を増してきました。今日は昨日までの見直しに1時間もかけてしまった…。その分、今日はその後の進み具合が早く、1時間で3ページ近く進みました。

何回見返しても読めない漢字があるのですが、毎日根気強く見直すしかないですよね…。100日も毎日何回も見てたら覚えるはずだと、「失点ノート」と名付けた、よく間違える漢字集に書き留めてことあるごとに見返しています。

今日の感想

  • 失点ノートに5回も書いていた漢字があった…。現在、迷子になっている記憶力を探して、亀の子もやや迷子
  • 文章題の難しさは、下地の文章の難しさに比例している気がする。どこかにあるはずの読解力を探しに行って、またもや迷子
  • 誤字脱字チェックのために今日のブログを読み返したら、食いしん坊フルスロットルだった

今日もあと1時間ほど勉強したいと思いますが、ブログはここまで。それでは、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告