kamen no challenge

「尊」はお酒を入れる容器!?「尊」とその仲間たち-漢検1級

Posted: || Last Update:

1611846000

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

尊と奠の書き分けが怪しい…

漢検1級合格を目指す100日チャレンジ85日目です。今日も亀の歩みでのろのろ前進中、「亀の子」です。こんにちは!

早速漢字の話。「躑」と「蹲」、似てませんか?このあたりの、上に「酋」がつく部品がつく漢字、「酋」の下が「寸」なのか「大」なのか、すぐ迷うんですよね…。

考えれば出てくるときもあるのですが、たまに止まったまま時間が経過していく時があります…。

そこで、今日は「尊」と「奠」の違いをじっくり調べてみました!ついでに、「尊」「奠」がつく漢字の仲間も増やせたらいいな!

なかなかなボリュームなので、今日は前半「尊」がつく漢字特集です!

「尊」とは

「尊敬」で見知った漢字だと思います。「尊」。旧字体は上の点が八の字になっています。

この漢字の上部分「酋」は、お酒を入れる容器の形を示したもの。下の「寸」は手の形です。あわせて、すらりと形のよい礼式用の酒器のこと。形よく上品で安定していることから、「たっとい」という意味に用いられているそうです!

「尊」の音読みは「ソン」、訓読みは「たっと・い」「たっと・ぶ」「とうと・い」「とうと・ぶ」。敬称や人名で「~尊(みこと)」という読み方もありますね。「皇尊(すめらみこと)」は天皇・上皇に対する尊称です。…それにしても、小学6年生で習うは酒瓶だったのか!

「尊」のつく楽しい仲間たち

漢検範囲だと「尊」がつく漢字は5つ見つかりました。順番に見ていきましょう!

うわさ「噂」

ここの「尊」は音のみ使っているそうです。「口」に「尊」の音を添えて、「噂」。人が集まっておしゃべりすることを意味する漢字です。実は、「うわさ」という意味がついたのは日本に輸入されてから。そのため、「噂沓(そんとう)」という熟語は「人ががやがやと話し合うこと」を表していて「うわさ」の要素はありません。

「噂」の音読みは「ソン」、訓読みは「うわさ」です。

たる「樽」

「木」に「尊(立派なお酒の容器)」を組み合わせた「樽」は、酒つぼの形をした木のたるを示しています。漢字の意味も「酒をいれる容器」。そして、日本に来てから「お醤油などを入れておく蓋のある大型の木製の容器」という意味が加わりました。

「樽」の音読みは「ソン」、訓読みは「たる」です。

お魚のマス「鱒」

「魚」に「尊(形がいい)」を組み合わせた「鱒」は、魚のマスのこと。かっこいい魚なんですね!音読みは「ソン」、訓読みは「ます」。音読みをされることはほとんどないようですが、マスを養殖することは「養鱒(ようそん)」と言うそうです。

うずくまる「蹲」

立派なお酒の容器「尊」と足を組み合わせた「蹲」には、足をひとところに引き締めて立つ、足に重みをかけて棒立ちになる、という意味があります。「蹲蹲(そんそん)」は。とんとんと片足に重みをかけて舞い踊るさまを表した熟語です。

そして、「蹲」にはもう一つ「うずくまる」という意味もあります。足を揃えてしゃがみ、尻を足首の上に乗せることを表しています。1つ目の意味と随分と違うように感じますが、お酒の入れ物の形を考えるとおかしくもない?この意味では、「うずくまる」という読みよりも、「這い蹲る」など「つくば・る」という読みの方がよく見ますね。

「蹲」の音読みは「ソン」。「うずくま・る」「つくば・る」「つくば・う」などの読みができます。

したがう「遵」

すらりとした形の酒だる「尊」にしんにょうをつけた「遵」は、細く1線にまとめて外にはみ出さないように引き締めていくことを示しているそうです。「道筋などにしたがう」「規則などにしたがう」「ひきいる」という意味があります。

「法律を遵守する」などでおなじみの漢字ですね。「遵」の音読みは「ジュン」。「した・がう」「ひき・いる」などの読み方もできます。

「尊」まとめ

「尊」がつく漢字、「遵」以外は全て「ソン」と読むので、漢検的にはありがたい存在です!「噂」「樽」「鱒」「蹲」は上が八の字になる旧字体の字形を使うので、注意したいですね。

明日は「尊」と似ている「奠」がつく漢字を調べます!

今日の勉強の成果

どうやら四字熟語が1周した模様です!毎日好きなところからやっていたので、本当に1周できているのか分かりません…。抜けがないかチェックしつつ、2周目に取り掛かろう!まだ覚えてないだろうな…。今後は、四字熟語2周目に取り組みながら、過去問や模擬試験で他の分野も少しずつ慣れていきたいと思っています。

今日は「頻出度順」の模擬試験2回目にも取り組みました。テキスト範囲が中心なので、やはり難易度は低いですね。まだ採点が終わっていないので、結果は明日ご報告できればと思います。

それと、「本試験型 漢字検定1級試験問題集 '21年版」が昨日届きました!17回分の模試が入っています。試験までにどれだけ役立てられるかは分かりませんが、1,2回分はやってみたい。「頻出度順」と「本試験型 漢字検定1級試験問題集 '21年版」はこちらの書籍です↓

今日の感想

  • 四字熟語に人名を使うのをやめてほしい…。リアルな友人の名前でさえ間違えるのに!
  • たまに仲良くなれそうな人はいる。「禹」さんとか「舜」さんとか、よく会うし
  • 絶対仲良くなりたくない人もいる。「桀」「癸」とか「紂」「辛」とか。しかし、そういう人に限ってなぜか覚えるのが早い…!リアルと一緒…

今日もあと一時間ほど勉強したいと思います!では、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告