kamen no challenge

「決」と「快」になぜ同じ部品「夬」が使われているのか調べてみた

Posted: || Last Update:

1611327600

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

「夬」に悩まされています…

漢検1級合格を目指す100日チャレンジ、79日目です!今日も元気に亀の歩み、「亀の子」です。こんにちは!

早速ですが、「決まる」と「快い」の右側ってなんで同じ形なんでしょうね。ついでに、「刔」と「抉」の差が分かりにくいし、「鴃」と「鴂」どっちが正解なのか分からないし…。

要するに、「夬」がつく漢字全般、分かりにくすぎます!

というわけで、今日は「夬」がつく漢字を徹底的に調べます!味方につけます!ついでに仲間も増えたらいいな!

「夬」は「コ+又+指一本」

「夬」という漢字も漢検1級範囲の漢字です。この字は、「コ印」+「又(手)」+「指一本」で成り立っている漢字で、「くぼみにひっかける」「コ型に抉る」などの意味があるそうです。

「夬」には「ゆがけ」という意味があります。「ゆがけ」は弓を引くときに手につけるもの、あるいは弓を引くときに弦をひっかけるコの字の道具のこと。Google画像検索(ゆがけ)で見ると、弓道をしている人が指につけている革製の手袋のことでした。

易(エキ)の六十四卦の一つを表す漢字でもあります。また、「決」にあてた用法として、「わける、どちらかに区別する」という意味もあります。

「夬」の音読みは「カイ」「ケツ」、訓読みは「ゆがけ」のほか、「き・める」「わ・ける」などの読み方もできます。ちなみに「夬夬(かいかい)」は、あっさりと関係を断ち切ってしまうこと。

「夬」がつく漢字

「夬」がつく漢字で漢検範囲のものは9つありました。ちょっと数が多いので、テンポよく行きましょう!

決定(けってい)の「決」

小学校3年生で習う漢字だそうです!「水+夬」で、水によって堤防がコ字にえぐられることを表している「決」。がっぽりと切ることから、決定(きまる)の意に転じたそうです。音読みは「ケツ」、訓読みは「き・まる」。おなじみの漢字なので、以上!

快楽(かいらく)の「快」

こちらは小学校5年生で習う漢字。「快」は、「心+夬」で、心のしこりをえぐりとった感じのことを表しているそうです。なるほど!音読みは「カイ」、訓読みは「こころ・よい」。

ちなみに「ケ」という読み方もでき、「快楽」をケラクと読めば、煩悩から解放されて得られる安楽という意味の仏教用語になります。

欠の旧字体「缺」

「缶(土器)」に「夬」をつけた「缺」は、土器がコの字にかけて穴があくことを示した漢字です。「欠」の旧字体なので、意味はおなじみですね。「缺」の音読みは「ケツ」、訓読みは「か・く」「か・ける」です。

秘訣(ひけつ)の「訣」

「言+夬」の「訣」は、きっぱりと一言で言いきった秘伝のこと。また、人ときっぱりと分かれる様のことも表す漢字です。「訣」の音読みは「ケツ」。「おくぎ(奥義のこと)」「わか・れる」という読み方もできます。

「秘訣(ひけつ)」「訣別(けつべつ)」などの熟語がありますが、亀の子のお気に入りは「訣要(けつよう)」です。一言でいいきった秘術。強そう!

爬羅剔抉(はらてきけつ)の「抉」

「手」と「夬」を組み合わせた「抉」は、指をカギ型に曲げ、ひっかけてえぐり出すことを示した漢字。嫌な感じですね…。指でえぐることや、カギ型の道具でえぐり取ることを表します。音読みは「ケツ」、訓読みは「えぐ・る」「こ・じる」。

ちなみに「爬羅剔抉(はらてきけつ)」は、世に知られていない人材を探し出して用いること、または、人が秘密にしていることや弱点を暴くことを意味します。人材を抉り出すんですね…?

えぐる「刔」

「刔」は漢和辞典に詳しい説明がありませんてした。字の成り立ちを見ると「夬」と「刂(刃物)」を組み合わせた漢字のようですね。音読みは「ケツ」、訓読みは「えぐ・る」。

「抉」の異体字として扱われることもあるようですが、「刔」での熟語等は探しても発見できませんでした。えぐる意味の熟語は「抉」を使っておけば間違いなさそう!

たもと「袂」

「衣」に「夬(一部を切り取る、切り込みを入れる)」で、「袂」という漢字になります。本来は、胴の両脇を切り取ってつけた「そで」を表す漢字です。「袂」の音読みは「ベイ」、訓読みは「そで」「たもと」です。

「袂」が日本にきてから、着物の袖の「たもと」を意味するようになりました。さらに、「橋の袂(たもと)」などのように、「かたわら」や「そば」の意味も持つようになっています。

モズは「鴃」、「鴂」とも書ける

鳥の「モズ」は「鴃」と書きます。「鳥」と「夬(曲がってくびれる)」を合わせた漢字と解説されていますが、モズって曲がってくびれていますかね?ちなみに「鴂」は、辞書によって異体字、許容字体の扱い担っていました。基本の字は鳥が左側に来る「鴃」と覚えよう!

「鴃」の音読みは「ゲキ」「ゲツ」、訓読みは「もず」です。「鴃舌(げきぜつ)」は、モズの囀りのように、意味の分からない外国語を言う熟語です。

今日の勉強の成果

本日の勉強内容。「問題集の見直し」+「四字熟語」+「隙間時間に当て字と故事成語」。四字熟語終わらないなぁ。80日目までに終わらせたかったのですが、まだ半分覚えきれていません!ペースを早めるよりも、確実に覚えた方が点数はとれるはずなので、じっくりやります。

今日の感想

  • 月とスッポンを表す四字熟語が大人気の時代があったにちがいない!
  • 「霄壌之差」「雲泥万天」「雲壌月鼈」「雲泥万里」「天淵之差」「天淵氷炭」「天懸地隔」…
  • 「統一しようよ~」と言った人は「風流じゃない」とかの理由で干されたのかな…?

今日もあと一時間ほど勉強します!それでは、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告