kamen no challenge

「高慢」「衍曼」「蔓延」の「マン」の書き分け-漢検1級

Posted: || Last Update:

1610550000

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

「高慢」「衍曼」「蔓延」の「マン」が混ざる…

こんにちは「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ70日目です。今日も亀の歩みで勉強中!

さて、さっそく漢字の話です。「高慢(こうまん)」「衍漫(えんまん)」「蔓延(まんえん)」、ぜんぶ「まん」という漢字がつくんですよね。…もうさ、似てるしさ、どれ書いても正解でよくない?

…いくら「亀の子」が主張しても、試験の時には正解にならないですよね。仕方がないので、きっちりしっかり調べてやろうじゃないですか!今日は「高慢」「衍漫」「蔓延」につく「マン」の字を紹介します!

「曼」て何?

まずは「曼」という漢字から。この漢字も漢検1級の漢字でした。「曼」は、「日(覆う印)」+「目」+「又(手)」で、長い垂れ幕を目の上にかぶせて垂らすことを示しているそうです。

漢字の意味としては、「長い、ずるずると長く尾を引いているさま、長い線をなしている様」、「ひく、長く跡をひく、長引く」という意味があります。音読みは「マン」、「なが・い」「ひ・く」「ひろ・い」「うつくし・い」という読み方ができます。

「高慢」「衍漫」「蔓延」の書き分け

「曼」の意味がわかったので、次は「高慢」「衍曼」「蔓延」につく「マン」と、その他の「曼」がつく漢字を簡単に紹介します!

高慢(こうまん)の「慢」

「曼」に心(りっしんべん)をつけた「慢」は、ずるずるとだらけて伸びる心のことを表しています。「慢」には「おこたる、いいかげんにしておく、だらしがない」という意味の他、「いいかげんにあしらう、あなどる」「ゆるい」「ゆっくり」などの意味もあります。音読みは「マン」、「おこた・る」「あなど・る」「おご・る」などの読み方ができます。

「慢」がつく熟語は多いですね。「だらしがない」「あなどる」という意味では「怠慢」「慢心」「高慢」「驕慢」「傲慢」などの熟語があります。また「ゆるい」という意味では「慢性」、「ゆっくり」という意味では「緩慢」「慢歩」などの熟語が作れます。

「我慢」という言葉もこの漢字を使っています。…イメージが違い過ぎる!調べてみると、本来は「自分の才能や力を頼りにして他人を馬鹿にする」「自分の考えを頑固に押し通そうとする」という意味だったそうです。強情に弱みを見せまいとする態度から転じて、今現在の「我慢」という意味になったとか。へぇ!!

心系の熟語ならこの漢字ですね!

衍漫(えんまん)の「漫」

「曼」に水(さんずいへん)をつけた「漫」は、水がながながと続くさまや、水が一面におおう様子を表しています。漢字の意味としては、「満ちる、はびこる」「ながい、いつまでもだらだらと続いて締まりがない」「みだりに、とりとめなく続く」「そぞろに、なんとなく」など多彩です。

「漫」の音読みは「マン」、「そぞ・ろに」「みだ・りに」とも読むことができます。「衍漫(えんまん)」は、極まりなく伸びるさまや一面にあふれて広がる様を表す熟語。サンズイのない「衍曼」で書かれることもあり、「漫衍」と逆にすることもできます。

「漫才(まんざい)」「漫談(まんだん)」や「漫然(まんぜん)」「瀰漫(びまん)」などの熟語もあります。

蔓延(まんえん)の「蔓」

「曼」に草(くさかんむり)をつけた「蔓」は、くさが覆いかぶさって伸びる様子を表しています。漢字の意味としては、「枝や茎が地を張ったり、者に絡みついたりする草、つるくさ」「のびる、のびひろがる、はびこる」などがあります。

「蔓」の音読みは「マン」「バン」、「つる」「はびこ・る」。熟語「蔓延(まんえん)」は「のびひろがる、はびこる」という意味があります。

…困った!「漫」と「蔓」、水と草の違いは分かりますが、意味に大きな違いがありません…。「蔓延」に関しては、「水は延びないが、草は延びることができる」という解釈で覚えられそうです。

そのほか熟語を調べてみると、「蔓」がつく熟語は草が伸びる様子を表しているものが大半でした。「蔓説(まんせつ・主題から外れた無駄話)」だけチェックしておくことにします!

そのほか「曼」がつく漢字

そのほかに「曼」がつく漢字も調べてみました。特徴的な漢字が多いので、まとめてご紹介します。気になった漢字はぜひ調べてみてくださいね!

  • 「縵」(マン、ゆる・やか)…緩やかなこと。「慢」に置き換えられる。
  • 「謾」(マン、あざ・むく、あな・どる)…あざむくこと、「欺謾」=「欺瞞」。あなどること、「慢」に置き換えられる。
  • 「幔」(マン、まく)…上から垂らして覆い隠す幕。「幔幕(まんまく)」など。
  • 「鏝」(マン、こて)…こて、粘土を伸ばして壁を塗る道具。
  • 「饅」(マン、ぬた)…ぬた、魚介や野菜を酢味噌で和えた食品。
  • 「鬘」(マン、かつら、かずら、みずら)…ふさふさの髪の毛。かんざし、かみかざり。かつら、髪型を変える素敵な帽子。
  • 「鰻」(マン、うなぎ)…うなぎ、かば焼きがおいしい。

今日の勉強の成果

問題集2冊目が後2ページです!2冊目を終えて、読み問題の知識が増えた気がします。類義語・対義語と四字熟語は問題集のカバー力は弱いですね…。ここから強化していきたい!明日から10日間は四字熟語に専念する予定です。

今日の感想

  • 「攀轅臥轍」…車によじ登り、進路に倒れ伏して良い政治家を引き留めること。危ないからやめなさい!
  • 「嘔心瀝血」…心臓を吐いちゃうくらい頑張ること。…誰か止めてあげて!
  • 「擲果満車」…街を歩いてるだけでお姉さま方から車一杯になるほど果物をもらえる美少年。…食べ過ぎで美少年じゃなくなるパターン!

今日もあと一時間ほど勉強します!それでは、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告