kamen no challenge

もはやお絵描き!漢検1級漢字「鑰」

Posted: || Last Update:

1606834800

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

お絵描きにしか見えない字

こんにちは、亀の歩みで漢字記憶中「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ27日目です。

漢検1級の勉強をしていると、これまでの人生で見たことも聞いたこともない漢字が出てきます。難しい字に出会った亀の子は、毎度のように問題集に「誤植じゃないのー?」とあらぬ疑いをかけています。これまで誤植はなかったです。はい、ちゃんと辞書に載ってます…。日本語なのか…。

そんな中に「もはや絵!」という字を見つけまして。

鑰

「鑰」という字です。「口」並べ過ぎじゃないですか!?3つも並べる必要あったのか?印象深すぎて忘れられないのですが、せっかくなので調べてみようと思い立ちました。口が三つある理由も気になるし。

「龠」がつく漢字をまとめてみた!

辞書を駆使していろいろ調べたところ、口が三つ並ぶ「龠」という部品を使っているのは「鑰」だけじゃないんですね。漢検1級範囲では3つもありました。

基本の「龠」

「龠」も一字としてありました。穴が3つの笛のことなんだって!どんな物か画像検索してみると、長さの違う細い竹管を並べた楽器が出てきました。なるほど、口を移動させて吹くから、口が三つ並んでるのか!

「龠」が人が笛を吹いている様子に見えてきました。ちなみに「龠」には6穴タイプや7穴タイプもあるそうです。今では縦笛も横笛にこの字を当てることもあるみたい。

さらに「龠」は容積の単位としても使われるそうです。「龠」の音読みは「ヤク」。「1龠は黍(キビ)1,200粒の量」。……分からん! ネット検索してみると、お米1合(現代)が6,500粒前後らしいです。黍って米よりずっと小さいイメージがあるのですが、1龠ってかなり少ない?

なお、黍(キビ)1,200粒が入る升のことも「龠」というらしいです。

竹冠がついた「籥」

「龠」に竹かんむりをつけると「籥」になります。漢和辞典には詳しい説明は載っていないのですが、単位に使われる「龠」と、楽器を区別するために「籥」という字が編み出されたのかなぁ、なんて亀の子は想像しています。

「籥」も、訓読みは「ふえ」、音読みは「ヤク」です。「龠」と同じで覚えやすい!

さらに「籥」には、穴のついた錠前、という意味もあります。「笛に似た、穴の開いた錠前」…。ここの笛は、横笛のことかな?

金がついた「鑰」

「龠」に金をつけると「鑰」という字になります。音読みは「ヤク」、訓読みは「かぎ」です。「籥」と通じるところがありますね。

「鑰」は、鍵本体も、錠前のことにも使う漢字だそうです。見慣れた「鍵」という字と同じく、物事の肝心かなめの部分のことも言います。

「龠」シリーズ、画数は多いですが「口3つ!」というインパクトの強さと、関連漢字の少なさで楽々覚えられそう!本番試験でも出たら楽しいのに!

今日の勉強の成果

今日は勉強がはかどりまして、2時間で復習と新たに3ページ分も進みました!ここしばらく1ページ終わるのに時間がかかっていたので、すごく進んだ気になっています!

今日の感想

  • 勉強開始からひと月経過して、やっとまともな字が書けるようになって来た。ノートの見直しが苦痛じゃない!
  • …自分の字を見慣れただけだったりして…?
  • 物事の基準になるものは「亀鑑(きかん)」らしい。亀の子も亀鑑になれるように頑張る!

今日もあと1時間ほど勉強したいと思います。では、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告