kamen no challenge

漢検1級の勉強をしていると音楽が止まらない

Posted: || Last Update:

1605366000

この記事は、100日チャレンジ「100日間の勉強で漢検一級合格できるのか!?漢字の豆知識や日々の進捗をブログで大公開」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

漢検1級の勉強をしていると音楽が止まらない

どうも、こんにちは、亀の子です。漢字検定1級合格を目指す100日チャレンジ10日目です!

漢検1級の勉強をしていると、漢字を見ていろいろな曲が思い浮かぶのですが、私だけでしょうか?曲と一緒だと記憶の定着率がとても高い気がします。ついつい鼻歌を歌いながら勉強しています。試験会場でうっかり歌わないように気をつけないと…。

というわけで、今日は漢字検定1級範囲の字から亀の子が連想する曲特集です。漢検勉強中の方から、他にどんな曲を連想しているか聞いてみたい!

亀の子脳内再生リスト

マイナー過ぎて伝わらなさそうな曲もたくさんあったので、6曲をピックアップしてみました。

「梵唄」=『炎のファイター』

仏教の、お経を音楽に乗せて~、というような意味だった気がする「梵唄(ボンバイ)」。「猪木、ボンバイエ」しか連想できず、意味が定着しません。「元気ですかー、エがつかないほうのファイター」と漢字に呼びかけています…。

「守株」=『待ちぼうけ』

「守株(しゅしゅ)」。ウサギが切り株につまづいて死んだのを見て、農耕作業を放棄して「ウサギ来ないかな~」と切り株を見守った宋の農夫の話から。「古い習慣を固守して時に応ずる能力のないこと、少しの進歩もないこと」

これは、そのままの曲です。北原白秋作詞、山田耕筰作曲の『待ちぼうけ』。同じ意味を持つ「守株待兔(しゅしゅたいと)」「膠柱(こうちゅう)」「旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)」あたりを一緒に思い出そうと訓練中です。

「天鵞絨」=「依存症」

「天鵞絨(ビロード)」。この漢字は昔々に椎名林檎の曲で覚えました(何年前かは聞かないで)。「天鵞絨の海にも仕方のないことしか無かったら、あたしはどう致しましょう」と椎名林檎が歌っていた『依存症』。今でも、天鵞絨と聞くと椎名林檎の曲が思い出されます。

『依存症』には他にも「強請る」とか「相槌」とか「嘲笑う」とか、難しい字が使われていました。

「衍曼流爛」=『ポイズン』

「衍曼流爛 (えんまんりゅうらん)」、悪が広がり、世の中にはびこること。なぜか反町隆史のGTO主題歌『ポイズン』を思い出します。なぜかは自分でも分からない…。

「踏鞴」=『アシタカ聶記』

「踏鞴(たたら)」。ジブリ映画『もののけ姫』で、女性に混じって踏鞴を踏んでいたアシタカが真っ先に思い浮かびます。人生においては「踏鞴を踏む」と先に出会ったはずなのに…。しかも、なぜかあの場面の女性たちが歌っていた曲ではなく、『アシタカ聶記』が再生されます。

「鞴」という字は、ふいごのことだそうです。ちなみに「踏鞴を踏む」は「勢いあまってから足を踏む」という意味です。

「笙磬同音」=『We Are the World』

「笙磬同音(しょうけいどうおん)」、色々な楽器が一つの音楽を美しく奏でることから転じて、人が互いに心を合わせて仲良くすることの例え。マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーの『We Are the World』が想起されます。

ところで「笙」という楽器、古文か何かの教科書に出てきて存在を知り、テレビなどでも見たことはあります。なのに、生で見たことが一度もない。ひちりきとか、琵琶とかも見たことがないです。どこに行ったら本物を見られるんでしようね。

今日の勉強の成果

10日目の今日、節目ということもあり、これまでの見直しに再度時間を費やしました。読める・書ける漢字が増えてきて見直しがさくさく進んで楽しかった!なかなか先に進めないので焦っていたのですが、覚えている漢字が多いことに力を得て、前向きな気持ちになっています。もっと漢字覚えたい!

今日の感想

  • Twitterで誤字脱字や間違いを指摘してくださる方がいて、とてもありがたい!
  • 書き出した脳内再生リストのクラシック比率4割、洋楽4割で紹介できる曲が少なくてちょっとしょんぼり
  • 「狗母魚(えそ)」と「石斑魚(うぐい)」、顔は思い出せるのに名前をすぐ忘れる…

今日もあと少し勉強したいと思います!では、また明日!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告