kamen no challenge

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問」実際に解いてみた感想

Posted: || Last Update:

1616079600

この記事は、30日チャレンジ「30日でTOEIC965点から満点取得できるのか!勉強の全てを公開します」の一環として書かれています。正確な情報の記載に努めていますが、間違いなどありましたらご連絡いただけると幸いです。

TOEIC勉強29日目

こんにちは「亀の子」です。TOEIC 965点から、30日の勉強で何点まで上げられるかチャレンジしています。

30日間の勉強は、「亀の子」が最も不得意とする文法を中心に対策しています。そのほか、読書で読む速さを鍛えたり、ドラマ鑑賞でリスニング力を養ったり。

今日は「TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問」の書評と、英語豆知識を2つ交えつつ!本日の勉強の成果です。

文法勉強

文法対策は「文法問題 でる1000問」「900点特急 パート5&6」「リーディング700問」の3冊を使っています。

進捗報告

先日全問解き終わった「リーディング700問」、今日は間違えた部分たげ再度解きました。うん、間違えた文法や単語は頭に入ってました!では、次の小見出しから「リーディング700問」の書評です。

「TOEIC L&Rテスト でる模試 リーディング700問」書評

今日は「リーディング700問」の見直しが終わりました。改めて内容を吟味できたので、全問解いた感想などを少し。

必要性を吟味して行きついた「リーディング700問」

TOEICの模試と言えば公式問題集があります。かつて取り組んだことがありますが、さすが公式が出しているだけあって良書です。TOEICの勉強を何もしていない方にはオススメ。

しかし!値段見てください。模試2回分しか収録されていないのに高いです…。これ、値段の半分以上がリスニングのコンテンツを作るのに使われてますよね…?リスニングの対策をする必要がない「亀の子」には無駄金です!

そこで探したのがリーディング部分のみの模試。代表的なものが下の3冊でした。

どれも評判の良いものです。しかし、強みがそれぞれ違いました。スペックを表にしてみたので、選ぶときのご参考にどうぞ(難易度は口コミをもとにしています)。

精選模試 100×5 でる模試 リーディング700問 YBM超実戦模試リーディング1000問
発行年 2020年 2016年 2018年
模試回数 5回 7回 10回
模試当たりの価格 418円 377円 374円
part5難易度* やや難しい 難しい やや簡単
part6難易度* やや難しい やや難しい やや簡単
part7難易度* やや難しい やや難しい やや難しい
回答解説 あり なし あり
原書 日本 韓国(日本語です) 韓国(日本語です)

「亀の子」は文法(パート5)を強化したかったので、パート5が難しいと評判の「でる模試 リーディング700問」を選びました。

回答不備1問の超良書

実際に「リーディング700問」の模試全てを解き終わったところ、回答不備は1問のみでした(回答CとDのいずれを選んでも正解になる問題がありました。模範解答はDのみ正解)。TOEIC本番でもこういう問題がたまにあるので、許容範囲だと思います。なにしろ、1/700の間違い、優秀です。

問題の文章なども良く練られていました。問題集にありがちな「問を作るために、むりやり文章をつくりました」という文章はなく、取り組みやすかったです

本番試験よりやや簡単?

実際に解いてみると、口コミに反してやや簡単に感じました。簡単に感じるのは、問題文がちゃんとしているから?

TOEICの本番、「文章が回りくどくて何が言いたいのかよく分からない」ものがたまに出てくる印象があります。「あっ、この人、メール書くの下手。実際にこのメールを送ったら、お客さんから余分な質問帰って来るわ」みたいな文章題があるんですよね…。

それが「リーディング700問」にはありませんでした。文章が良く練られている分、TOIEC本番よりも問題文が優秀になっているのかもしれません。

なお、TOEICの首を傾げる問題は、おそらく全員正解にされていると思います。TOEIC本番では出てくる「理解に苦しむ文章」が「リーディング700問」に出てこないことを気にする必要はないでしょう。

回答解説がないので、ある程度の英語力がないと厳しい

「リーディング700問」の回答ページには詳しい解説がありません。解説は、文章と選択肢の日本語訳と、長文の回答根拠となる部分の下線のみ。詳しい文法の説明や、回答根拠の解説などはありません。正解の選択肢をみて「ああ、だから間違えたのか」と納得できる英語力が必要です。

「亀の子」は回答を見たら間違いの理由が分かりました。850点くらいが、解説が不要な得点の基準になると思います。

回答解説が必要なら「リーディング700問」以外で

「リーディング700問」は回答の解説がないので、一定の英語力がないと、やりっぱなしになってしまう可能性があります。TOEICでまだ850点に到達していない方は、解説のある「精選模試 100×5」や「YBM超実戦模試リーディング1000問」の方が適しています。

特に「精選模試 100×5」は日本で書かれていて、日本人が間違えやすい箇所が網羅されているのではないかと思います。改めて比較表を載せておきますので、ご自身にあった模試を探してみてください!

精選模試 100×5 でる模試 リーディング700問 YBM超実戦模試リーディング1000問
発行年 2020年 2016年 2018年
模試回数 5回 7回 10回
模試当たりの価格 418円 377円 374円
part5難易度* やや難しい 難しい やや簡単
part6難易度* やや難しい やや難しい やや簡単
part7難易度* やや難しい やや難しい やや難しい
回答解説 あり なし あり
原書 日本 韓国(日本語です) 韓国(日本語です)

速読練習

では「亀の子」の勉強の進捗に戻ります!TOEICの大量出題に対応すべく、読書で読む力を鍛えています。現在読んでいるのが、小説「DUNE」

英語豆知識「fulcrum」って何?

本日出て来た単語で覚えておきたいもの「fulcrum」!なにかご存じですか?英英辞典で見ると次のように書かれています。

(noun) the point at which a bar, or something that is balancing, is supported or balances

日本語では「支点」、てこの支点のことです。日本語の支点と同じく、比喩的表現にも使います。ちなみに「てこ」は英語で「lever」。取っ手の「レバー」と同じ単語です。では、まとめて覚えましょう!

てこ 支点 力点 作用点
lever fulcrum effort load

英語で学ぶ子供は「FLEX」(fulcrum-effort-load)と覚えるそうです!

進捗報告

今日はp.596~p.619まで読みました。もう残り数ページで終わるところに来て気付きました、ページ当たりの単語数ずっと間違って計算してた!最後のページを間違えて認識していたことが原因です。で、改めて算出した結果、今日の読書速度は288単語/分。目標の300単語/分にぐっと近づきました。

さらに、300単語/分の目標にこれまで2回達していることも判明。グラフで見るとこんな感じでした。

2回目標に達していた

聞き取り練習

リスニング対策と言う名目の楽しいドラマ鑑賞の時間です!「House of Cards」を観ています。

英語豆知識「tell us more about ~」が便利すぎる!

今日見た範囲から、ネイティブがよく使っている表現を一つピックアップ。交通事故にあった少女のご両親、議員であるフランクに不満を抱いていました。しかし、フランクの説得で態度を改めることに。最初は渋い顔をしていた、お嬢さんの名前を冠した奨学金。話の糸口として、お父さんがフランクに言います。

Tell us more about the scholorship.

「奨学金についてもっと教えてください」という意味です。詳しい話を聞きたい、という意思表示ですね。この「tell us(me) more about ~」という表現、よく耳にします。なのに、使えてない気がする!

英会話とかで先生の話を促したり(Tell me more about your favorite cuisine)、商談相手に詳細情報を求めたり(Tell me more about the function)、友達の好きな映画の内容を聞いたり(Tell me more about the movie)、便利に使えそうです。今日から、隙あらば使ってみます!

進捗報告

今日ものんびりドラマ鑑賞しました。速度は1.5倍。今日は政局の話が少なかったので、単語が簡単でした。じっくり色々と聞き取れて良かったです!

明日の課題

もう残り僅かですが、TOEICの勉強が終わった後も英語の読書は続けたいですね。新聞記事等は別として、ここ5年くらい英語の読書をしていませんでした。今回「DUNE」を読んで、文学的なものにも触れたいと思うようになりました。あと、長い文章を読む練習は今後も役立ちそう!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告