kamen no challenge

英単語「lucrative」「profitable」「remunerative」知ってる?

Posted: || Last Update:

1615906800

この記事は、30日チャレンジ「30日でTOEIC965点から満点取得できるのか!勉強の全てを公開します」の一環として書かれています。正確な情報の記載に努めていますが、間違いなどありましたらご連絡いただけると幸いです。

TOEIC勉強27日目

もうチャレンジも27日目!こんにちは「亀の子」です。TOEIC 965点から30日の勉強で何点まで上げられるかチャレンジしています。

「亀の子」が最も不得意としているのが文法です。今回の30日チャレンジは、文法の勉強を中心に進めています。並行して、読む力を養うための読書や、リスニング対策のドラマ鑑賞などもちょっとずつ取り入れました。

では、英語の豆知識を交えつつ、本日の勉強の成果をどうぞ!

文法勉強

文法対策は、次の3冊に取り組んでいます。「文法問題 でる1000問」と「900点特急 パート5&6」は既に終わっていて、「リーディング700問」の最後の模試を本日やりました。

英語豆知識「lucrative」って知ってた?

今日テキストに出て来た単語「lucrative」。この単語ご存じですか?「亀の子」は知らなかったので辞書をひきました!英英辞書には次のように書かれています。

(adjective) (especially of a business, job, or activity) producing a lot of money

「たくさんのお金を算出する」という形容詞なんですね。そして、類語が「profitable」。分かりやすい!ちなみに「remunerative」という単語も類語です。この3つは何がお金になるか、という対象が違います。「profitable」は事業、「remunerative」は個人の仕事、「lucrative」は事業にも仕事にも使われる単語だとか。まとめて3つ覚えておきたいですね!

進捗報告

本日は「リーディング700問」の最後の模試をやりました。100問中間違いが6問。パート5で3問、パート6で1問、パート7で2問の間違い。パート5の一問は単語を知らなかったので回答できなかったものです。残り5問の間違いはうっかりミス…。問題文も選択肢もほとんど読まずに、最初に出て来た選択肢に丸を付けるような、おバカなミス連発でした。今日はいつにもまして集中力に欠けていました。…ひたすら反省。

当日は、問題文を全部読むこと、選択肢にも全て目を通すこと、忘れないようにしたいです。幸いにも今日も65分で全問回答できたので、時間的な余裕はありそう。とにかく注意力散漫をなおしたい…。

速読練習

TOEICは問題数が多いことで知られています。対策として、読書で読む力やスピードを育成中。現在読んでいるのが、小説「DUNE」です。

英語豆知識「of late」という成句ご存じですか?

小説を読んでいる「亀の子」を悩ませた成句「of late」。この言い回しご存じですか?問題の文章がこちら。Fremenという部族についての感想が書かれている部分です。

And they were so devilishly cunning of late.

ちょっと耳慣れない単語が多いでしょうか。「devilishly」は「悪魔的に」「とても」、「cunning」は「ずるがしこい」という意味ですね。そして、ここで出てくる「of late」の意味を英英辞書で見ると、次のように書かれています。

recently

はい、何とも単純。「最近」という意味なんですね。「late」に熟語や意味が多いせいか、「of late」が使われているのはあまり目にしません。しかし「of late」でニュースを検索すると意外と使われていました。次に出会った時にすらっと読めるように覚えておきたいです!

ちなみに上の英文は、「彼らは最近、極めてずるがしこくなっている」という意味になります。

進捗報告

今日はp.551~p.573を読みました。読書速度は225単語/分。目標の300単語になかなか近づかない…。それでも、模試は時間内に終わっているので、読む速さは悪くないのかな?このまま当日までこつこつ読み進めていきたいと思います。

聞き取り練習

TOEICのリスニング対策と称して楽しくドラマを観ています!現在見ているのは「House of Cards」です。英語が程よく難しくて勉強になります。

英語豆知識「I've got all the time in the world」の意味は?

今日ドラマを見ている中で気になった表現を一つ。多忙なフランクですが、まだワシントンに帰れません。フランクに気を使って、有権者が「お忙しいのに、」と言いかけると、フランクは遮って次のように返します。

I've got all the time in the world

たまに聞く表現ですね「all the time in the world」。英英辞典で意味を調べると次のように書いてあります。

a large amount of time available

「利用できる時間が沢山あること」つまり「有り余るほどの時間がある」という意味になります。「世界中の時間がある」からこんな意味になるんですね!動詞はフランクのようにgetを使うこともできますし、「We have all the time in the world」ということもできます。

職場でも使える表現なので、覚えておくと便利です!

進捗報告

今日は「House of Cards」、Season1の第3話の続きを観ました。脚本がよく練られていて英語の表現が面白いので、のんびりじっくり見ちゃってます…。聞き取り練習としては2倍速くらいで見た方がいいと思うのですが、楽しいからいっか!

明日の課題

今日は特に模試の集中力に欠いたので、明日はもう少し集中して勉強をする訓練をしたいです。あと3日、気を引き締めたい!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告