kamen no challenge

TOEIC勉強前スペックと試験までの30日間勉強方針大公開!

Posted: || Last Update:

1613660400

この記事は、30日チャレンジ「30日でTOEIC965点から満点取得できるのか!勉強の全てを公開します」の一環として書かれています。正確な情報の記載に努めていますが、間違いなどありましたらご連絡いただけると幸いです。

TOEIC遍歴と現在のスペック大公開!

初めましての方もこんにちは!亀の歩みでしか成長できない「亀の子」です。TOEIC点数UPを目指す30日チャレンジ、1日目です。

勉強の話に入る前に、これまでのTOEICの点数や勉強遍歴、現在のスペックなどを簡単にご紹介しましょう。TOEICを900点台に乗せる参考になるかもしれません!なお、過去に受けたTOEICの結果票などは残していないので、年月と点数はおおよそです。

亀の子のTOEIC点数遍歴

【20年前】590点

英検2級の勉強をしていたので、ついでにTOEICも受験。特にTOEIC用の勉強はしていませんでした。

【15年前】630点→750点→780点

【630点】外資に就職しよう!と思い立って英検準1級用の勉強を始めた時期。TOEICもついでに受けてみました。なお、この時にリスニングは満点だった記憶があります。おそらく「Twin Peaks」と「X-files」のおかげ。

【750点】英検準1級は受かったのにTOEICの点数が悪かったので再受験。間隔は3か月くらいでしょうか?公式問題集を一通り解いて問題形式に慣れたら630点から750点に爆上がりしました。形式に慣れるだけで100点は上がるので、公式問題集はオススメ!リンクは2021年現在の最新版です。

【780点】もう一回受けたら点数が上がるかも知れない、とひと月後に再受験。「語彙」の点数が悪かったので、単語帳をやろうと思いましたが、途中で挫折しました。それでも1/3は勉強した!最後までやっていればもっと力がついたはず。1/3で挫折しても30点上がる単語帳の最新版はこちら。

ちなみに、外資、630点の時には書類審査で落とされていましたが、780点とったら嘘みたいに書類審査は通過できるようになりました。TOEICの点数があるだけで外資の書類審査は有利!と自信をもって言えます。なぜなら当時の「亀の子」はフリーター。大学を卒業してから遊び歩いていて、事務職の経験すらありませんでした…。面接に通りにくかったので、派遣で外資にしばらく通ってから、別の外資で正社員になりました。

【14~10年前】800~930点

外資に入って初めての英語会議で「Hello」しか聞き取れない大事件が発生!それまで日本語の読書に割いていた時間を、英語の読書と、動画鑑賞に当てました。この時に繰り返し見たのが「BOSTON LEGAL」。2倍~3倍速で聞き取れるように頑張りました。このドラマは今でも好きです。TOEIC用の勉強はしませんでしたが、2年くらいのサイクルで受験して、800点前半→800点後半→900点台前半と推移しました。

【10年前~】900点中盤

英検1級を2011年に取得し、TOEICもコンスタントに900点台を取れるようになったので勉強熱が冷めました。TOEICは転職熱が出るごとに受験し、940点、950点くらいの記憶があります。最後にTOEICを受けたのが2018年で、965点でした。勉強もしていないし、こんなものだろうな、と思いました。

亀の子の現在のスペック詳細

こうやって振り返ると、勉強をしていないここ10年も少しずつ点数は上がっていますね。仕事で英語を使っているので、毎日英語に触れてはいますが、毎日同じ事しか言ってないせで見事に成長しない!

そんな「亀の子」の最新のTOEICの点数(2018年)の詳細。Listeningが495点、Readingが470点。内訳が次の写真の通りです。一番弱いのが「文法」だと言うことが分かります。

亀の子の現在のスペック詳細

あと、最後まで集中して問題を解けていないのは自分で感じています。途中で飽きちゃうんですよね…。長文の聞き取りとか、文章を読んでいる途中で別のこと考えていることが多々…。「推測」とか「理解」とかが弱いのはこのせいだと思われます。このあたりも訓練しないといけません。

30日チャレンジの勉強方針

つい最近受けたと思っていたのに、2018年が直近の受験。3年前…。しかし、実力は大して変わっていないでしょう!ということで、前回965点、文法が90%しかとれていない結果を踏まえての勉強方針です。

テキスト買ったよ!

とにかく文法を強化しよう!と、選んだ教材は「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」。

「亀の子」は教科書とか丸暗記とか苦手です…。780点の勉強の時に単語帳に取り組みましたが、途中で挫折しました。暗記よりも問題をガンガン解きたい。「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」は1000問もある分厚い問題集なので、全問解けば自然と文法力も上がるでしょう!

511ページまで問題があったので、1日25ページやれば20日で終わります。20日で終ってしまったら、その後の勉強はまた考えます。

多くのテキストの中からこれを選んだ理由はまた後日ご説明できればと思います。

集中力も養う

もう一つの「亀の子」の弱点が集中力です。すぐ飽きちゃうからな~。前回の試験の時期は色々あって、本を読んだり映像を見たりもしていませんでした。今回はきっちり長文を読んだり、集中して音を聞く練習を試験前にしていきたいと思います!

まずは長文を読む練習。積読になっていた小説「Dune」を読もうと思います。速く読む練習をしながらの読書です。試験までに2巻までいけるかな?

最後に次に聞き取り強化。リスニングは15年くらい満点なのですが、…息抜きにドラマを見たいだけです!

ちょっと面白そうなドラマを見つけたので、これを見たい。「新米刑事モース -オックスフォード事件簿-」、原題は「Endevour」でした。しばらく動画から離れていたので、1.1倍速から、徐々に速度を上げていきます。

本日の学習成果

テキスト、読書、ドラマ視聴の3つの進捗度をご報告します!ついでに新たに学んだことも共有できればと思います。

「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」

「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」はp69まで進みました。一日のノルマが25ページ、最初の20ページほどは解説ですが、予定より早いですね。

107問中間違いが7問でした。最初のほうでかなり間違えました。敗因は「ちゃんと読んでいない」…。反省を踏まえて問題をちゃんと読むようにしたら、後半はほぼ間違いなしでした。ちゃんと読みながら読む速さも維持する訓練が必要ですね。1000問もあるので慣れるかな?

sharp rise と rise sharply

今日学んだのがp56の44問め。途中を略していますが「Shares rose (sharply) after ~」という問題。間違えて「rose sharp」にしてしまいました…。

解説には「sharpは名詞」とありましたが、sharpには副詞も形容詞もあります。なぜsharpではいけないのか…。WikiDiffによると「sharply is "in a sharp manner"」とのこと。なるほど…!「sharp rise」は「rise sharply」なんですね。

小説「DUNE」の進捗

買ってから初めの数十ページを読んで放置していた小説「Dune」。今日は58ページまで読み進みました。何ページから読んでいるのか分かりません…!本を読み終わるまであと22時間12分かかるそうです。

この小説、けっこう見慣れない単語が出てきますね。映画化されて話題の原作ですし、ファンも多いので読み始めたのですが、英語教材としてもオススメかも。

jealousの使い方

"The Guilds's as jealous of its privacy as its is of its monopoly"という文章が出てきて面白かったです。jealousは「嫉妬深い」というイメージがまず湧きますが、「extremely careful in protecting someone or something」という意味もあります。

該当の文章を訳すと「Guildは(宇宙船運行の)市場占有と同じくらい、プライバシーを重要視している」くらいの意味でしょうか。…訳が下手ですみません!

ドラマ「Endevour」の進捗

一話目を今現在1.3倍速で見ています。邦題は「新米刑事モース -オックスフォード事件簿-」、題名の通りイギリス英語です。オックスフォードが舞台なので聞き取りやすいです。新米刑事のモース、実はオックスフォード大学出身。かつての同級生には警官なんてやっていると馬鹿にされ、同僚には大学出を皮肉られています。

モース君、司法解剖で血の気を失って倒れてしまいます。頼りないです。勝手に捜査して、思い込みもちょっと激しいです。辞表を叩きつけたところまで見ました。楽しく見てしまったので、今日は特に英語表現の学びはありません!

明日の予告

明日は「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」を選んだ経緯などご紹介できればと思います!また、勉強の進捗も合わせてご紹介する予定です。学びがあったら共有させてください。

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告