kamen no challenge

漢検1級漢字「驕」と、「北」がつく四字熟語

Posted: || Last Update:

1633359600

この記事は、漢検100日チャレンジ「100日で漢検一級何点あげられる?95点から再再挑戦!」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、勉強内容は「亀の子」の勉強過程を共有するものであり、個人の感想も含まれていますのでご留意ください。

勉強89日目です

こんにちは「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ、89日目です。通算では3回目のチャレンジ、勉強279日目になりました!

今日注目したのは漢検1級漢字「驕」と、特集は「北」がつく四字熟語です。最後に「亀の子」の本日の勉強記録も少しだけご紹介します。では、「驕」から見てみましょう!

本日の一字「驕」

本日注目したのは漢検1級漢字「驕」です。

    「驕」の基本情報
  • 音読み…「キョウ」
  • 訓読み…「おご・る」「ほしいまま」「つよ・い」「さか・ん」

一部の意味はすぐ思い出せるのですが、なかなかすべて覚えられません。今日はしっかり調べて覚えてしまいたいと思います!

「驕」の成り立ちと意味

「驕」は「馬」と音符「喬(高くのびて先がまがる)」を合わせた漢字です。背の高い馬や、高く上に出て他を見下げることを示しています。

では、漢字の意味も見てみましょう。

    「驕」の意味
  1. 馬が首を高くあげる。馬が首をたてて、勇みたつさま。たくましい
  2. おごる。背伸びして、人の上に出る。おごり高ぶる。また、おごり高ぶって見下すさま。※対義の漢字に「謙」があります
  3. 背の高い馬。※類義の漢字に「驍」があります

「驕」のつく熟語

では、熟語で「驕」の使い方を確認しましょう。

    「驕」のつく熟語
  • 淫驕(いんきょう)…酒色にふけり、わがままでぜいたくなこと
  • 悍驕(かんきょう)…気が荒くわがままである
  • 驕佚 / 驕逸(きょういつ)…おごりたかぶって、ほしいままにすること
  • 驕溢(きょういつ)…おごりたかぶって分に過ぎること
  • 驕盈(きょうえい)…自信がありすぎてえらそうにするさま。驕溢(きょういつ)
  • 驕誇(きょうか / きょうこ)…おごりほこること。いばり大言をはくこと
  • 驕悍(きょうかん)…おごりたかぶって荒々しいこと
  • 驕倨(きょうきょ)…おごり高ぶって、尊大にかまえる
  • 驕驕(きょうきょう)…草の高くのびるさま
  • 驕蹇(きょうけん)…たかぶりほしいままなこと
  • 驕傲(きょうごう)…おごりたかぶること
  • 驕肆 / 驕恣(きょうし)…心がおごって気ままなこと
  • 驕侈(きょうし)…おごり高ぶって、ぜいたくなことをする。驕奢
  • 驕奢(きょうしゃ)…権勢におごること。ぜいたくであるさま
  • 驕奢淫逸(きょうしゃいんいつ)…偉そうに振る舞って贅沢な暮らしをして、女性に溺れること。また、その様子
  • 驕僭(きょうせん)…おごって身分にすぎたふるまいをすること。驕奢で僭越なこと
  • 驕泰(きょうたい)…おごり高ぶって、わかままなこと。驕汰(きょうたい)
  • 驕宕(きょうとう)…おごり高ぶっていて、わがままなこと。驕蕩(きょうとう)
  • 驕兵必敗(きょうへいひっぱい)…敵を侮って、うぬぼれた軍隊は確実に敗北すること
  • 驕奔(きょうほん)…たかぶり、ほしいままなこと
  • 驕暴(きょうぼう)…心おごって荒々しいこと
  • 驕慢放縦(きょうまんほうじゅう)…自分勝手におごり高ぶっている様子
  • 驕陽(きょうよう)…盛んに照り輝く太陽
  • 天驕(てんきょう)…天の神にあまえて、おごりたかぶる者。匈奴のこと
  • 貧賤驕人(ひんせんきょうじん)…貧しくて卑しい人間は、失うものがないので傲慢な態度を取ることができるということ

熟語も四字熟語もたくさん見つけてしまいました!とても多いので、比較的簡単な熟語は除いてあります。辞書などでぜひほかの熟語も確認してください。

本日の特集「北」がつく四字熟語

本日の特集は、「北」がつく四字熟語です。

「北」がつく四字熟語クイズ

さっそくですが、「北」がつく四字熟語クイズです。読みから「北」がつく四字熟語を書いてみてください。回答は「答」を押してチェック!

    「北」がつく四字熟語クイズ
  • こばほくふう…
    胡馬北風
  • たいざんほくと…
    泰山北斗
  • ついほんちくほく…
    追奔逐北
  • てきそほくえん…
    適楚北轅
  • はくしゅほくめん…
    白首北面
  • ほくえんてきそ…
    北轅適楚
  • ほくそうのさんゆう…
    北窓三友
  • ほくめんけいしゅ…
    北面稽首
  • ほくもんのたん…
    北門之嘆 / 北門之歎

「北」がつく四字熟語大略

では、上のクイズで見た四字熟語の意味を見てみましょう。ここでは簡単にご紹介しますので、気になるものは辞書などでチェックしてください!

    「北」がつく四字熟語大略
  • 胡馬北風(こばほくふう)…故郷を懐かしむことのたとえ
  • 泰山北斗(たいざんほくと)…学問や芸術などの一つの分野で最もすぐれている人のこと
  • 追奔逐北(ついほんちくほく)…走って逃げる賊などを追いかけるという意味
  • 適楚北轅(てきそほくえん)…意志と行動が別の方向を向いていて、互いに反していることのたとえ
  • 白首北面(はくしゅほくめん)…年老いても衰えることのない向上心を持ち続けること。または、知識のないものは、年老いた人でも、幼い子どもでも教えを受けるべきであるということ
  • 北轅適楚(ほくえんてきそ)…意志と行動が別の方向を向いていて互いに反していることのたとえ
  • 北窓三友(ほくそうのさんゆう)…文人に必要といわれている、琴、詩、酒の三つの友のこと
  • 北面稽首(ほくめんけいしゅ)…最もすぐれた挨拶の方法のこと
  • 北門之嘆 / 北門之歎(ほくもんのたん)…仕官した先の主人が愚かな人物で、重要な地位につくことができずに嘆くこと

ちなみに、「南」と「北」が同時につく熟語は別途特集していますので、こちらもぜひご覧ください!

本日の勉強の成果

勉強89日目の今日。…今日も今日とてなにも勉強できず…。明日こそ勉強したいです。

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告