kamen no challenge

漢検1級漢字「譌」と、「黄」がつく四字熟語

Posted: || Last Update:

1632668400

この記事は、漢検100日チャレンジ「100日で漢検一級何点あげられる?95点から再再挑戦!」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、勉強内容は「亀の子」の勉強過程を共有するものであり、個人の感想も含まれていますのでご留意ください。

勉強81日目です

こんにちは「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ、81日目です。通算では3回目のチャレンジ、勉強271日目になりました!

今日注目したのは漢検1級漢字「譌」と、特集は「黄」がつく四字熟語です。最後に「亀の子」の本日の勉強記録も少しだけご紹介します。では、「譌」から見てみましょう!

本日の一字「譌」

本日注目したのは漢検1級漢字「譌」です。

    「譌」の基本情報
  • 音読み…「カ」
  • 訓読み…「あやま・る」「なま・る」「なまり」「いつわ・る」

この漢字の右側「爲」は、多くの漢字では「為」に置き換えられます。しかし、「譌」は例外!置き換えることができません。しっかり字形も押さえたい漢字です。

「譌」の成り立ちと意味

手元の漢字源には詳しい成り立ちが掲載されていないのですが、この漢字は「言」と「爲」を組み合わせた漢字でしょう。

「爲」は「手」と「象」で、象に手を加えて手なずけ、調教するさまを表しています。人手を加えてうまく仕上げる、原形を変えて何かになるという意味も持つようになりました。

ちなみに、辞書によっては「譌」は「訛」の異体字とされています(漢検では別の漢字として扱っているようです)。「訛」も「譌」も、「言」+「姿を変える(化・爲)」を組み合わせた漢字と理解すると覚えやすいですね!

では、漢字の意味も見ていきましょう。

    「譌」の意味
  1. いつわる。いつわり。本来の意味を変えて相手をだます。本当でない、間違ったことば・考え
  2. なまる。なまり。本来の姿を変えて発音をする。正しくない発音や文字。間違い

「譌」のつく熟語

では、「譌」の使い方を熟語で見てみましょう。いずれの熟語も「譌」を「訛」に置き換えることができます。

    「譌」のつく熟語
  • 譌音(かいん・かおん)…1.標準ではない、なまった発音。2.なまった言葉。3.根拠のない噂をする。また、そのうわさ、流言。4.でたらめをいう。また、そのことば
  • 亥豕之譌(かいしのか)…文字を書き間違えること。※この「譌」は「訛」に置き換えしない
  • 譌偽(かぎ)…うそ。いつわり
  • 譌言(かげん)…1.いつわりをいう。また、そのことば。いつわりのうわさのこと。流言。2.なまった言葉
  • 譌語(かご)…なまった言葉
  • 譌称(かしょう)…なまった呼び方
  • 譌舛(かせん)…まちがう。また、まちがい
  • 譌伝(かでん)…あやまって伝えること。まちがった言い伝え。誤伝。謬伝(びゅうでん)
  • 譌謬(かびゅう)…まちがい。=譌誤(かご)
  • 澆譌(ぎょうか)…軽薄で偽りが多い。「澆偽(ぎょうぎ)」「澆詭(ぎょうき)」
  • 訂譌(ていか)…あやまりをただす
  • 転譌(てんか)…ことばがなまって変化すること

調べたら意外と熟語が多かった!初めて出会った熟語もあるのでしっかり頭に入れたいです。

本日の特集「黄」色の四字熟語

今日注目したのは「黄」がつく四字熟語です!「黄」がつく四字熟語は多くありますが、本日は厳選19個。…厳選しても19個!

「黄」色の四字熟語クイズ

早速ですが、クイズです!次の読みから「黄」がつく四字熟語を書いてみてください。回答は「答」を押してチェック!

    「黄」色の四字熟語クイズ
  • こういりんしょく
    黄衣廩食
  • こうかばんせつ
    黄花晩節
  • こうけんようふ
    黄絹幼婦
  • こうこうこうかく
    槁項黄馘
  • こうしょうげんきつ
    黄裳元吉
  • こうじんばんじょう
    黄塵万丈
  • こうちゅうないじゅん
    黄中内潤
  • こうちゅうのしおう
    口中雌黄
  • こうどうきちにち
    黄道吉日
  • こうはくせいせん
    黄白青銭
  • こうはつすいちょう
    黄髪垂髫
  • こうはつはは
    黄髪番番
  • こうぼうはくい
    黄茅白葦
  • こうむしそく
    黄霧四塞
  • こうりょうのゆめ
    黄粱之夢
  • せいがいこうき
    青蓋黄旗
  • せいたいこうよう
    青苔黄葉
  • ちゅうこうたいはく
    抽黄対白
  • ひんぼりこう
    牝牡驪黄

……多い!

「黄」色の四字熟語大略

さて、上でみた四字熟語の意味を簡単にご紹介します。気になる熟語は辞書などで確認してみてくださいね!

    「黄」色の四字熟語大略
  • 黄衣廩食(こういりんしょく)…宮中に仕える役人の宦官のこと
  • 黄花晩節(こうかばんせつ)…年老いても、気高く立派な信念を守り続けることのたとえ
  • 黄絹幼婦(こうけんようふ)…二人の判断が完全に同じになること。または、物事を正確に理解すること。または、「絶妙」という言葉の隠語。または、素晴らしい文章のたとえ
  • 槁項黄馘(こうこうこうかく)…ひどくやつれて、やせ細っている様子
  • 黄裳元吉(こうしょうげんきつ)…忠義を尽くす家臣が主家に仕えると、必ずよい結果をもたらすということ
  • 黄塵万丈(こうじんばんじょう)…風に吹かれて空高くまで黄色い土煙が舞い上がること
  • 黄中内潤(こうちゅうないじゅん)…才能や徳を外側に出すことなく、人知れず内側に持っていること
  • 口中雌黄(こうちゅうのしおう)…自身の言った間違っていることをすぐに訂正すること。または、根拠のない、いい加減なことを言うこと
  • 黄道吉日(こうどうきちにち)…何をしても上手くいく、よい日。吉日
  • 黄白青銭(こうはくせいせん)…金銭のこと
  • 黄髪垂髫(こうはつすいちょう)…老人と子どものこと
  • 黄髪番番(こうはつはは)…白髪が黄色がかるほどに歳老いた老人のこと。知識や経験を重ねた老人をいう言葉
  • 黄茅白葦(こうぼうはくい)…荒れ果てて痩せた土地のこと
  • 黄霧四塞(こうむしそく)…世界が乱れる前兆で、黄色い霧が辺り一面に満ちること
  • 黄粱之夢(こうりょうのゆめ)…人の世界での繁栄は儚いということのたとえ。または、人の人生が儚いことのたとえ
  • 青蓋黄旗(せいがいこうき)…天子が出現する吉兆、めでたい前兆のこと
  • 青苔黄葉(せいたいこうよう)…山と山の間にある家の美しい景色
  • 抽黄対白(ちゅうこうたいはく)…美しい文章を創作すること。または、美しい色をほどよく組み合せること。または、美しい色をほどよく組み合せること
  • 牝牡驪黄(ひんぼりこう)…物事の見た目にこだわらず、本質を見抜くことのたとえ

本日の勉強の成果

勉強81日目の今日は、勉強できませんでした!明日こそは…!明日こそは勉強したいです。

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告