kamen no challenge

漢検1級漢字「鬧」と、同音異義語「ざっとう」

Posted: || Last Update:

1628175600

この記事は、漢検100日チャレンジ「100日で漢検一級何点あげられる?95点から再再挑戦!」の一環として書かれています。漢字はなるべく正確な情報の記載に努めていますが、間違いがありましたらご連絡いただけると嬉しいです。

勉強29日目です

こんにちは「亀の子」です。漢検1級合格を目指す100日チャレンジ、29日目です。通算では3回目のチャレンジ、勉強219日目になりました!

今日注目したのは漢検1級漢字「鬧」と、特集は同音異義語「ざっとう」です。最後に「亀の子」の本日の勉強記録も少しだけご紹介します。では、「鬧」から見てみましょう!

本日の一字「鬧」

今日注目したのは漢検1級漢字「鬧」です。

    「鬧」の基本情報
  • 音読み…「トウ」「ドウ」
  • 訓読み…「さわ・がしい」「さわ・ぐ」

ちなみに「閙」という異体字で書いても良いそうです!

「鬧」の成り立ちと意味

まずは「鬧」の漢字の成り立ちを見てみましょう。この漢字は「鬥(せりあう)」+「巿(多くの人が集まる)」で、騒がしいことを表しています。

実は「鬥」と「門」は全く別の字だということを初めて知りました!「鬥」は象形文字で、2人の人が手に武器をもち、立ち向かって戦う様子を描いています。意味は「たたかう」。一方の「門」は、左右2枚の扉を書いた文字です。

「鬧」は「閙」の異体字でも許容されますが、この違いを知ると「鬥」で書くのは少し違和感がありますね!

では、「鬧」の漢字の意味をみてみましょう。

    「鬧」の意味
  1. さわぐ。さわがしい。うるさくさわぐ。やかましい
  2. さわぐ。さわがす。事件や騒動をおこす。騒がしくする
  3. みだれる。かき回す
  4. にぎやかで、盛んである。繁雑である

「鬧」のつく熟語

では、熟語で「鬧」の使い方を定着させましょう!

    「鬧」のつく熟語
  • 喧鬧(けんとう)…さわがしいこと。熱鬧。喧噪
  • 雑鬧(ざっとう)…騒がしくこみあうこと
  • 鬧歌(どうか)…やかましく歌う。また、その歌
  • 鬧市(どうし)…繁華街
  • 鬧事(とうじ)…やたらに事件をおこす。また、騒動
  • 怒鬧(どとう)…怒り狂って激しく騒ぐこと
  • 鬧熱(とうねつ)…人が多く、にぎやかで、活気のある事。※≒熱鬧(ねっとう)
  • 熱鬧(ねっとう)…ひとのこみあって騒がしいこと
  • 紛鬧(ふんとう)…あれやこれやと騒がしいこと

「雑鬧(ざっとう)」が出てきました。見慣れた熟語と同じような意味なのに、漢字が違う?……特集にしてみました!

本日の特集「ざっとう」

本日の特集は、同音異義語「ざっとう」です!

「ざっとう」クイズ

では、さっそく問題です。3個の「ざっとう」使い分けられますか?漢字は「答」を押してチェックしてみてください!

    「ざっとう」を書いてみよう!
  • 雑色官稲の略称…
    雑稲
  • 多人数でこみあうこと。ひとごみ…
    雑踏 / 雑沓
  • 騒がしくこみあうこと…
    雑鬧

書き分けられましたか?

「ざっとう」のいろいろ

見慣れないものが出てきたので調べてみました。「雑色官稲(ぞうしきかんとう / ざっしきかんとう)」は、奈良・平安時代に、正税以外に出挙(すいこ)された稲のことを言うそうです。詳しくはWikipediaなどをご参照ください。

普段見ている「雑踏」に「さわがしい」という意味が含まれていないのは個人的に大発見です。静かでも「雑踏」なんですね。騒がしさを強調したい場合は「雑鬧」を使う必要があります。…書き分けるタイミングは来るのでしょうか?

本日の勉強の成果

勉強29日目の今日は、これまでの復習とAndroidアプリの「漢検1級」を使った知識強化に励みました。アプリの進捗は次の通り。

分野 全体数 昨日までの成果 今日の成果 到達率
熟語 7117 862 ~873 12.1% → 12.3%
四字熟語(復習) 1897 717 - ( 37.8% )
当て字 2509 817 ~834 32.6% → 33.2%
故事諺 1258 680 ~690 54.1% → 54.8%

少しずつしか進みませんが、こつこつ一つずつ分からない漢字をつぶしていきたいです!

記事をシェアする

亀の子に連絡

ランキング参加中!ぽちっとしてね

FC2ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

広告